×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

恐怖症






恐怖症とは、何か物事や人に対する恐怖心を過剰に感じてしまう精神疾患のことをいいます。

恐怖症は他人では理解しくい理由が原因で、心理学的なことや生理学的に少し普通じゃない反応を起こすといわれる精神疾患の種類の一つです。

日本においては恐怖症と呼ばれていますが、英語だとフォビアという名前が付いています。

恐怖症は大分すると三つのジャンルに分けることができる病気です。

1つ目は単一恐怖、そして社会恐怖、三つは広場恐怖という三つのジャンルに分けて把握されています。

単一恐怖というのは、例えば何か特定の1つのものに対し恐怖を感じる恐怖症で、たとえば犬や虫だったり一つのものごとに対して恐怖心を持つことをいいます。

恐怖症とは不安な精神状態になる精神障害の一つになります。

アメリカで恐怖症についての研究が行われたのですが、アメリカ人全体の5%から20%の人が恐怖症にかかっているといわれています。

恐怖症になりやすい人というのは、女性は特に年代は関係なくどの年代の人でもちょっとしたことがきっかけで発症しやすいと言われています。

男性なら25歳以上の人が発症する精神病の中でも恐怖症は2番目に多く発症する可能性が高い病気と言われています。

単一恐怖は生き物だけでなく、暗いところや狭いところ、高いところなどに対して恐怖感を感じることも恐怖症になり、高い場所が怖い人は高所恐怖症といいます。



恐怖症改善60分チャレンジ!60分で恐怖症・不安症・トラウマ・PTSDが改善しなければ返金